遺言書の書式や遺産相続

遺言の書式や書き方

遺言書作成の必要性とメリット

遺言に対する日本人の感覚は急速に変化しています。
従来、遺言というとあまりよいイメージではなく、否定的な感覚を持つ方も多かったのではないでしょうか。
また、遺言書残すのは、ごく一部の資産家であり、一般的な庶民には必要ないと考えられていました。
ところがこの遺言に対する感覚は現在大きく変化しています。
書店でもネット上でも遺言に関する書籍や情報が多く取り上げられています。
相続に関して、残された相続人のあいだに争いの種を残さないことは、亡くなる者の責任と言う社会感覚が根付きつつあり、遺言によって自分の遺産を自由に配分することは、被相続人の最後の意思表示、権利であるとの認識も高まっています。
遺言はただ単純に遺産を分配するためあるのではありません。
例えば、今話題のペットへの遺産相続では、負担付遺贈に基ついて行われることが多く、また、自分の葬儀の方式等に関心を持ち、それを遺言で指示する方も増加してきています。
遺言書は、何度でも作成し直すことが出来るので、変化する様々な要因で財産の配分を変えることが出来ます。
被相続人には、思いがあるでしょうから、自分の死後にその内容を実現出来れば思いも遂げられることになります。
遺言がなければ、自分の意志に反して法定相続通りの遺産相続になってしまいます。
また、遺言書を残していなかったために、相続人間の遺産分割協議で大きな争いが起こることも稀ではありません。
相続人に対する配慮ある遺言書は、相続人のその後の人間関係にも良好な影響を及ぼします。
遺言者の生前最後の相続人に対するメッセージと言える重要な文書です。

Menu

  • 遺言書実例

  • 遺言書遺産相続体験談