遺言書の書式や遺産相続

遺言の書式や書き方

3種類の遺言の中から公正証書遺言を選んで作成しました

一般的に遺言書と言えば、自筆証書遺言を思い浮かべる人が大半だと思いますが、その他にも公正証書や秘密証書の形式をとったものが存在します。
私は昨年遺言書を作成したのですが、その際に3種類の形式の中から公正証書形式を選んで作成しました。
いろいろと複雑な事情があってその形式を選んだのですが、きちんとしたものを作成することができたので、今は少しホッとしています。
3種類の形式それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、それらを見比べた結果、公正証書の形式をとっておくことが、一番確実だと考えられたのでそうしました。
よくある自筆証書形式のものの場合、費用はほとんどかかりませんし、自分一人だけで作ることができますので、内容を誰にも知られることなく作ることが可能であるといったメリットがあります。
内容を変更したくなった時も自由に作り直すことができ非常に便利なのですが、万が一法律上の要件を満たしていなかったりすれば遺言書としての効力を有さないことになってしまう危険性があります。
また、自分の死後、作成してあるものを発見してもらうことができなければ、作成した意味がなくなります。
しかし、だからといって、作成したことや保管場所を周囲に明かしておくと、変造や隠匿の恐れが生じてしまうので、何かと不都合が多いです。
普通の家庭であれば、保管場所を周囲に漏らしても、それがすぐに変造や隠匿の危険性に結びついてしまうことはないのでしょうが、私の家の場合には、少々複雑な事情があって、その危険性がかなり高いのです。
ですから、自筆証書形式は不適当であると考えました。
秘密証書形式にしても、公証役場の手数料がかかるわりに変造や隠匿の危険性を回避する術は持たないので、その形式を選ぶ意味はないと考えたのです。
結局、費用や手間は一番かかるものの、公正証書形式で遺言書を作成しておくのが、一番確実な方法であると考えました。
公正証書形式にしておけば、原本が半永久的に公証役場で保管されることになりますので、紛失や変造、破棄、隠匿などの心配をする必要がなくなります。
変造される心配がないので、生前に身近な人に保管場所を知らせておくことができ、自分の死後の財産処分を自分の望み通りにすることができるようになります。

Menu

  • 遺言書実例

  • 遺言書遺産相続体験談