遺言書の書式や遺産相続

遺言の書式や書き方

遺言で最期に言いたい事を伝えたい

遺言を書くことは、これから生きていく中で大切な事だと思います。
自分がどうしても伝えたい事を、書き残すことはこれから前向きに生きたいと考えたときに自分は書きます。
決意を表す意味もあります。
自分が、これから行うことが特に危険なことである時は、必ず書いて残します。
自分が、安全に仕事を終えた時は、その決意を心と文章に残す事が、精一杯生きることの様な気持ちになれます。
気持ちを穏やかにする意味もあります。
自分にもしもの事が起きても、悔いのない気持ちになれるという前提があるから頑張れます。
気持ちをいかにして、盛り上げるかと考えたときは、欠かせないことだと自分は、考えています。
自分に向かい合うことが、これからの仕事に、取り組める気持ちを作ることに繋がるからです。
毎回という訳ではないです。
その時の気持ち次第です。
自分が、何処まで頑張れるか死に物狂いで頑張れます。
気持ちを切り替えていくためには、大切な事だと自分は考えます。
すると、今までより更に違うものの見方が出来ます。
頑張りたいからこそ書き残したいものです。
前向きに、ものごとを捉える方法だと自分は、考えています。
内容はその時に、気になっている事だけでは無くて自分の気持ちを素直に吐き出せます。
また、ストレスが溜まりイライラしている時に、書くと気持ちが落ち着きます。
その事で、生活が充実していくのです。
満足感があります。
自分を大切にしたいという気持ちの表れでもあるのです。
また、自分のやりたい事を、貫き通す時の決意でもあるのです。
その事で、気持ちが落ち着きます。
安定した気持ちで、取り組める事は、大切な事です。
それだけ集中出来るからです。
毎日の生活に、必要な気持ちの切り替えです。
人が見たら驚きます。
自分の中だけと、決めています。
すると、気持ちは楽になります。
遺言を書くことは、マイナスな気持ちをプラス思考に変えてくれます。
不安や心配を消してくれます。
その為、気持ちは安定するのです。
前向きに生活していくためには、必要なことになります。
毎日の生活には、書くことは必要になります。
気持ちを整理するという意味もあります。
そのことから、無意識に不安が消えていきます。

Menu

  • 遺言書実例

  • 遺言書遺産相続体験談