遺言書の書式や遺産相続

遺言の書式や書き方

遺言で誰が相続人になるのか考える

遺言では誰が誰の相続人になり、相続分はどれほどなのかを残った家族で考えます。
そしてその人の遺言に書いてあることはほとんど実行されます。
遺産の分配は遺言が無ければ子供たちに平等に配当されますが、遺言に書いてあることが一人の子に遺産を全て相続させるという内容ならその遺産はその人に全てわたります。
母方の祖父が亡くなり、葬式の後に行う遺産相続は姉妹と弟の三人でそれぞれどのように分配するかで揉めました。
その人の遺言が無いため本来ならば遺産は三人に平等な金額で配当されるのですが、一人の子供が不満を感じる場合はなかなか成立しませんでした。
自分はお父さんのためにこれだけ尽くしたのだからもっと貰えるはずだと文句を言う叔母がいてそれで私の母もそれに異議を申し立てることになりました。
母も祖父のために色々面倒を見ていたことも私は知っているのでこれはもうどっちが多くもらえるかと言われれば両方とも多くもらえることはできません。
よって正当な金額の遺産がそれぞれの子供に渡りました。
遺産の忠義は民法によって細かく定められており、法定相続は被相続人の死亡によって当然に開始されます。
全ての家庭の事情に則して妥当な結果を導けるとは必ずしも限りません。
法定相続は亡くなった人の意思により変更するものであり、相続財産に関する権利関係の帰属を遺言者自身の最終の意思表示に委ねるものとなります。
それによって家庭の実情にあった遺産の分配を行うことがされることが多く、結果平等に分け合うことが法律で定められることになります。
これを破ると刑事事件に発展することがあります。
遺産は仲の良い兄弟姉妹でも必ず揉める行事なので、子供達が揉めないようにするためには、その人が死ぬ前に遺言を書いておく事が必要です。
でもどんな結果であれ書いている内容は実行されます。
どんな理不尽な内容でも子供達はそれに従って遺産を分け合わないといけません。
これに背いた場合、中々遺産が手に入らない状況下に置かれます。
喧嘩してまで自分の親の金が欲しいのかと思うこともあります。
それで兄弟姉妹の関係が悪化すると今後の事に影響が出るかもしれません。
母はそれを恐れて書いている内容が自分の納得のいかないことでも合意しました。
母がもらえた遺産の取り分は祖父が貯めてた財産一千万のうち三分の一でした。
母はあまり喜んではいませんでしたが、取り敢えず自分の配当金は確保できたから良しとしました。
母は二人の姉弟が貪欲な性格のため、自分がもらう金額で少々因縁をつけられることがありました。
叔母からはあんたはお父さんのために何もしてないからもらう資格無いと言われたことも少なくありません。
でも母は負けずに金にがめつい叔母から説得して苦労の末ようやく手に入れることができました。
遺産で揉めるような喧嘩はどんな姉弟でもしたくなかったみたいで、叔母や叔父の機嫌を取りながら自分のもらう金に繋げたそうです。
これで母の遺産相続の件はひとまず終わったのですが今度は母の子供である私達にその順番が来ます。
父が死んだ時に遺産相続を揉めることなくしてどうやって配当するのかとか土地の権利はどっちの子供に権利があるのかと色々と取り合いするようなことが無いようにしたいです。

Menu

  • 遺言書実例

  • 遺言書遺産相続体験談