遺言書の書式や遺産相続

遺言の書式や書き方

若いうちから遺言を残せる遺言執行者

遺言というのは自分が死んだときに家族やパートナーに言葉を残しておくもので生きている人達に残す言葉だけでなく、銀行口座やパスワードなども書いて保管しておかないといけません。
私も銀行口座を多く持っており、それらを自分一人で管理しているのでどこかに正式に保管しておかないといざという時にはそれを家族に残せないので遺言執行者にそこに正式に言葉を残しておくようにしています。
私は以前にエンドノートというものに自分で書いて保管しておいたのですが、それではその書類がどこにあるのか分かりにくいのもあり正式なものではないので少々心配がありました。
また同じ自分の部屋に置いてあっても家族が探しにくいのでいざという時のために第三者に預けておく必要があると感じました。
そのため私は遺言を預かってくれてその後遺言を家族に伝えてくれる遺言執行者という方にお願いをしました。
この遺言執行者への依頼料は意外に安く、お願い自体は簡単に出来ました。
さらにもし私が死んだ際にもそれ以上のお金の請求もないように先に遺言の伝言にかかる料金もお願いしてあるので私の遺言にかかる手間を家族にかけさせなくて済みます。
やはり家族が死んだ時にはその家族は悲しいと思いますし、その時の負担も大きいでしょう。
少しでもその負担を減らすことができれば家族の悲しみも少し減らすことができると思います。
死んだ家族との想いでが多く残っているとそれだけ悲しみも多くなると思うので出来る限り負担がないようにしておきたいと思うものです。
遺言は急いで書くこともなく自分のペースで書くことができました。
遺言はその私の死者の言葉を家族に残す大切なものですが、あまり書き残したくは無いものです。
自分ひとりでこっそり遺言などを書いていたら自殺するのではないかと疑われてしまうこともあるそうです。
そのため遺言を書くときは家族にしっかりとその旨を伝えてから書くようにしましょう。
私も始めは何をするのかと疑われました。
またこの遺言の内容に変更が生じた時にも同様に遺言を書き残しておく必要があります。
遺言の内容に違いがあってはあまり遺言の意味がないのでできるだけその内容には信憑性が必要になります。
私はまだ20代の若者ですが、事故や病気などでいつ死ぬかは全く分かりません。
道を歩いていて急に後ろから車にはねられるかもしれませんし、その死んでしまう原因は全く分かりません。
私はそのいつ死ぬか分からないという不安を少しでも減らすために遺言を残して託しました。
この遺言では私自身の持っている資産もしっかりと分散するように記述しますが、まだその資産がない私にはそれを残すだけの記述は必要ありませんが、もし資産を形成できたときに何割を誰に残すかを書き残すのが私が書き残した遺言です。
割合で書き残すこともできるので工夫すればかなり便利なものです。
遺言執行者というのはこの遺言の元から残すことができるのでとても便利で役に立ってくれます。
いつ死ぬか分からないから生命保険等に加入したり、その受取人を決めたりしますが、これに関しても遺言で残しておく必要があります。
また執行者にはその遺言をなくすことなくしっかりと保管してくれるという信頼がなければいけないのでプロの方にお願いするようにした方が良いでしょう。

Menu

  • 遺言書実例

  • 遺言書遺産相続体験談