遺言書の書式や遺産相続

遺言の書式や書き方

遺言を書くことで円滑な相続手続きを

相続って、残るお金に関わらず問題になることが多いように思います。
普通、「損をしたくない」と思うと、自分が正当に請求できる金額をもらいたいと思うものです。
財産のある人なら、生前贈与という方法を取ることもあると聞きます。
まだ生きているうちに財産を分けて、相続人のトラブルを避けようというものです。
土地や山林など、平等に分けることの難しい資産がある場合などでは有効かもしれません。
すぐに現金化するのでないなら、山を分けたりするのは難しいので、相続人の納得のいく分割を模索して手続きが円滑に進みます。
ただ、誰に資産を残したいか意思が明確な場合、万一に備えて遺言を残しておくケースもあります。
決してドラマの中だけではなく、子供の認知や配偶者への贈与など、遺言を有効に使う人は少なくありません。
法律で、遺言を残せるケースは決められています。
高齢者の場合は、それが自分の意思であるのか、判断能力が問題になることがあります。
一般的な遺言書だと、本人が書くことができますし、書き直すことも可能です。
ただ、発見されなかった場合に相続人たちに伝わらない可能性があります。
それを回避するために、弁護士に預けるケースも多いのです。
相続人同士の仲が悪い場合や、相続人のいない場合に、寄付したい希望があるのなら、そうした希望が残せるのが良いところです。
他に、法定相続人の中に行方不明の人がいる場合、遺産分割の協議ができないという事態に発展することもあります。
行方不明の相続人がいても、遺言があればスムーズに相続手続きに入ることが可能です。
できれば、相続で争いが大きくならずに解決したいと思うものです。
亡くなった故人の意向であれば、残された相続人も無碍にはできないものです。
病気をきっかけとして介護が長引く場合など、一番世話になった人に多く残したいと思うものです。
ところが、長男だから、長女だからとそれぞれが主張を始めると分割についてすっきりいかないケースも存在します。
再婚をしている場合なども、それぞれの事情があるわけですが、誰に残したいかを遺言で明示しておくと、自分が何も言えなくなってから残された遺族同士での手続きがスムーズになります。
ある一定の資産があるなら、事故の可能性も考えて分配について考えておくことも無駄にはならないはずです。
書き換えることも可能なので、時間が取れたタイミングで書いてみるのも気持ちの整理になります。
子供のいない夫婦も珍しくありませんが、その場合兄弟や兄弟が亡くなっているならその子供(甥や姪)が相続人となります。
自分の親に代わって相続することを代襲相続と言いますが、時々あることです。
もし、甥や姪への分与より配偶者に多く残したいのなら、一筆書いておくことは意味があります。
家族で事業をしている場合も、事業に関わるものと住宅など他の資産と分けて相続できるように指定しておくことも可能です。
毎日の忙しさの中で、いつか自分にも死が訪れることを意識することはあまりありません。
突然倒れて寝たきりになってしまうことなども考えると、意識がしっかりしている間に、身近な人に気持ちを表しておくことも大切です。
特に本人に知らせなくても、気持の整理にも役立つはずです。

Menu

  • 遺言書実例

  • 遺言書遺産相続体験談