遺言書の書式や遺産相続

遺言の書式や書き方

自分の意志をより明確に残す為に必要な遺言

自分自身が故人の立場になってしまった時、その時には既に家族などにも自分の意志を伝える為の術がない事になります。
もしもの事態という物はいつ訪れるのかわかりません。
特に普段何か持病などを持っている訳ではなかったとしても、事故などで突発的にその時が訪れるといった場合もあるでしょう。
その時が自分に来てしまってからでは、何もかも遅いという事になってしまいます。
いつ訪れるかわからない、そんな事態を想定して予め遺言という形で自分の意志を残しておく事も一つの方法でしょう。
遺言と聞くと資産などを多く保有している人物が、自分が亡くなった後に家族などが遺産の相続などでもめる事がないように残しておく意志であると考えてしまいがちですが、特に資産を多く保有しているという訳ではなかったとしても文章として自分の意志を残しておくのは個人の自由です。
葬儀の際の希望などを時折思いついた時に書き残しておくだけでも自分の意志を残す事へと繋がって行くのです。
子供が居る場合には子供の当てたメッセージなどを書いておいても良いかもしれません。
自分が故人となってしまった場合、自分の体は直ぐに朽ちてしまう事になります。
しかし文章として紙などに書き残して置く事によって、その意志は確実に自分の体よりも長くこの世に残る事が出来るようになります。
そしてそれが誰かに伝わる事で、その人の中に自分の残したい意志を伝える事が出来るのです。
現在自分の年齢が若く、特に病気などという訳でもなく健康体であれば、自分にはまだまだ遺言など関係のない話であると考えるかもしれません。
しかし実際には誰にでもいつか訪れる事である事である故にいつであるか、老いも若きも関係ない部分があるのです。
一定の年齢に達していない子供の場合には、遺言として残した言葉を全て反映する事が出来ない場合もあるかもしれませんが、葬儀に関する希望などであれば出来る限りは叶えて欲しい物です。
亡くなる事に対して恐怖心を感じてしまう事の多くの原因は、自分という存在が消えてしまう事に対しての恐怖心なのではないかと考えます。
実際に私自身も自分が全く忘れ去られてしまう事に対しての恐怖を感じる一方で、ある程度年齢を重ねた事によって経験もした結果割り切る事が出来ている部分もあります。
ただただ恐怖心のみを抱いてしまう場合に、精神面で追い詰められる事のないようにする為の緩和の策として遺言を書いてみる事も一つの方法かもしれません。
そして書いて行く中で自分がしたいと感じている事や食べたいと思っている物など何らかの希望が見つかった時には、生きている間に自分でそれを叶えてしまう事も良いでしょう。
文章にしてまとめて見る事によって、想像する事しか出来ずに闇雲に怯えているよりも客観的に物事を考える事が出来るようになる場合もあります。
特に私は色々な問題などの壁にぶつかり自分自身が悩んでいる時にこそ、軽い気持ちで遺言などを書く事もあります。
あくまでもドライな気持ちで書いて行くと少し楽しい要素を自分の中に見つける事もありますし、その時感じているストレスに対しての対応策をそこから見つける事も出来ます。
どんな物を棺に入れて欲しいなどの事でも良いのです。
それが食べ物であれば、満足するまで食べると良いでしょう。

Menu

  • 遺言書実例

  • 遺言書遺産相続体験談