遺言書の書式や遺産相続

遺言の書式や書き方

残された家族のために遺言は必ず必要

遺言という言葉は一般の人にはなかなか馴染みがなく、資産をお持ちの方などがその後の遺産分けなどでもめないために必要なものというイメージが強かったです。
しかし、最近はごく普通に遺言書を残す方が増えていて、書き方などの書籍もたくさん販売されているほどです。
実は私も遺言書を書いておこうと思い、市販のキットを購入しました。
素人がいざ遺言書を残そうと考えてもどのように書けば良いのかわかりません。
このような便利なキットがあれば、素人の私でも簡単に作成できます。
キットの中身は解説書もついていますから、その通り作成すれば誰でも簡単に作成できます。
このキットと筆記用具と印鑑さえ用意すれば遺言書の作成は可能なのです。
私は両親を早くに亡くし、両親に色んな事を聞いておけばよかったと後悔しています。
生前はなかなか家族も聞きづらいことがありますから、本人が自らの意志で思いを残しておくことで、家族に迷惑をかけずないで済みます。
遺産というものもない私が家族に何を伝えたいのか考えると、やはり自分の遺骨の事や、大切にしていたものや、わずかな遺産わけなど、子供などに分け隔てなく残してあげたいと考えますから、きちんと書面にして残すことで、私が居なくなってからも困らないはずです。
キットはイラストや漫画などでわかりやすく説明されているので、素人でも暗い気持ちにならずにとりかかることができます。
本格的な用紙が付属されていて、練習用の用紙もついているため、軽い気持ちで作成にとりかかってみると良いです。
私も自分の考えをまとめている最中で、きちんと作成をしようと考えています。
最近は生前に自分が亡くなったあとの準備を着々と進める方が増えています。
お葬式の写真なども実際に遺族が用意するのに大変困るものです。
私も両親が亡くなった際に遺影の写真を選ぶのに大変苦労しました。
なかなか写真を撮る機会がなかったため、両親の普段の顔である写真がなく、最終的に2枚の写真を合成して遺影にした覚えがあります。
生前元気なうちに自分の気に入った遺影を用意しておく方も多く、お墓も事前に購入する方がいるなど、決して自分が亡くなった後の事の準備をすることがタブーでなくなってきました。
まわりの家族がなかなか言い出しづらい事だけに本人が自らの意志で準備することが望ましいと言えます。
遺言書の作成もそのような感覚で事前に用意する方が増えています。
エンディングノートなるものもあり、まずは自分の作成しやすいものから取り掛かることで、はっきりとした自分の思いが形になります。
最終的にはそれらをすべてまとめた形で遺言書を作成することで、思い残すこともなく老後を明るい気持ちで過ごすことが出来ます。
人間はいつどうなるかわからない部分もあります。
万が一の時にどうしようと不安な気持ちのまま過ごすなら、きちんと自分の思いを書面に残して明るい気持ちで前向きに過ごす方が楽しい人生がおくれます。
一度作成しても書き直すことも可能ですから、まずは色んな事を整理するためにも、作成してみるのが良いです。
私も実際に作成にとりかかってから、真剣に自分の思いを考えなおすきっかけになっています。
誰もが通る自分が亡くなった後の事に前向きに考えるほうが明るい人生が歩めます。

Menu

  • 遺言書実例

  • 遺言書遺産相続体験談