遺言書の書式や遺産相続

遺言の書式や書き方

財産だけの問題ではない遺言の必要性

遺言と聞くと主に財産の配分などと自分の意志として残しておく為に書き残す物という印象ですが、実際には自分の意志を遺す為の物である為にもっと難しく考える事なく気軽に遺しても良いのではないのではないでしょうか。
お金の話ではなかったとしても、残して行く事になる家族などに対して言葉を書き遺す事でも遺言である事には変わりありません。
遺書というとなんとなく感じがよくないように感じてしまいますが、中身は同じような物であるのではないでしょうか。
ただ遺言というと自分が何らかの意志を残すといった意味合いにも考える事が出来る為、印象は格段に良い物に感じられます。
人によって考え方は様々ではありますが、私は自分の考えている事などや子供に対して自分にもしもの事が起こった際などに何らかの言葉を残したいと考えています。
それは他愛無い言葉であるかもしれませんが、そんな他愛無い言葉であっても自分がこの世にいない存在になってしまえば子供と会話を交わす事は出来なくなってしまいます。
特に子供が大人になる前に自分にもしもの事が起こってしまった場合には、何か子供が成長していく過程の中で欲するでろう言葉をしっかりと遺して置きたいと考えています。
難しく考えると中々書く事が出来ませんが、金銭の問題ではなく気持ちを伝える言葉のみを遺したいのであれば何も公的な書類を作成する必要もありません。
ただの手紙のように気楽に書きとめておいても良いのではないでしょうか。
気楽に書いた方が、より読み手の方も気持ちとして受け取ってくれるのではないでしょうか。
自分がもしも居なくなってしまった時の事を考えると、どうしても後ろ向きに考えてしまいがちになってしまいますが、余りにも深刻に考える必要はないのではないでしょうか。
過去には若かった事もあるかもしれませんが、私もそういった事を深刻に考えていた時期もありました。
しかしそういった時期はいつか通り過ぎます。
そしていかに毎日を幸福に過ごすかについて考える事が出来る日が来ます。
今現在そういった事について夜などになると深刻に悩んでしまっている人がいたとしても、それは今だけです。
逆に常にそんな事を考えている自分に疲れ、前を向く事が出来る日がきます。
そうなった時次に考えるのが、自分に何かが起こってしまった際に残して行く事になる自分の家族や子供についてです。
その時がきた時に子供自身もある程度大人であれば、事態を受け止める事が出来るかもしれません。
しかし幼い子供であったり、逆に難しい思春期の頃であれば中々気持ちの面で複雑で受け入れる事が出来ないかもしれません。
心の問題は複雑です。
ましてや自分が既に居ない存在になってしまっていれば、その事に気付く事も出来ない事になってしまいます。
少しでも気持ちの面でフォローを行う事が出来るようにと考えた時、子供が押さなければ幼い程に親としての自分の気持ちを書きとめておく事を私は考えます。
大きく成長した時の事を今から想像する事は中々難しいですが、成長した子供に対しての言葉などを日記帳などにでも書き綴っておけば、自分に何かがあった時には子供の目に触れる事になるでしょう。
もっと何かを遺したいと考えるならば、手紙などを何歳の時用などと沢山遺す方法をとっている人の話を耳にした事もある為、そういった方法も良いと感じています。

Menu

  • 遺言書実例

  • 遺言書遺産相続体験談